マンションは階層にもこだわる


住むマンションを決める時、マンションの外観や立地などが自分好みかどうかで決めるようなことも多いですが、そういったことだけでなく、自分のライフスタイルにあっている物件かどうかでも決めていくようにすると良いです。
マンションの場合、自分が住む部屋の階層が低いか高いかによっても住み心地というのは異なってくるものです。



低いところであればエレベーターがなくてもすぐに外出できるので、まだ小さい子供がいて頻繁に外に出ることが多い人にも最適でしょう。

また、高層マンションのように高い階層にも住むことができるのであれば、遠くの景色まで綺麗に眺めることができるので、あまり外出ができない高齢の人にも良いです。



高い階層の場合はエレベーターがなかなか来ないなどの問題があることもありますが、その分外に出なくても快適に過ごせるように作られているものです。

また、高い階層のところであれば空き巣が入るリスクも少ないので、防犯の意味でも良いです。
ですが高い階層ならではの地震の時はゆれやすいなどの問題もあるので、メリット、デメリットを考えながら階層選びをいていくと良いです。

そして日本のマンションは階層が高いほど料金も上がることがほとんどなので、立地が気に入っていて、階層にはあまりこだわらないというようなことであれば比較的料金の安い階層の低いところを選んで、その分料金を浮かせて、インテリアなどの内装にお金をかけてみても良いでしょう。




Copyright (C) 2016 マンションは階層にもこだわる All Rights Reserved.