分譲住宅で一戸建てを取得する


一戸建て住宅の魅力は、自分たちの土地に自分たちだけの家を建てることができること。
マンションと違って、家が独立しているため、多少の物音や振動を立てても隣に迷惑がかかることはありません。
そのため、自宅でピアノなどの楽器を演奏することができますし、子供達が家でどたばた走り回っても、周囲に気兼ねする必要もありません。
ただ、一戸建てでは土地を購入する必要があるのがネック。



特に、都市部では地価が高く、土地の購入のために一戸建て全体の取得費用がかなり膨らんでしまいます。



住宅ローンを利用して銀行からお金を借りることができればもちろん購入はできるのですが、それでも、あまりにも多額のローンを組んでしまうと後々の返済が大変。やはり、自分たちの収入を考えて、適度に予算を抑えることも大事です。



一戸建て住宅の代表が注文住宅ですが、この注文住宅を選ぶことも購入費用がかさばる一つの原因です。


注文住宅では、自分たちの希望を家の設計に反映させることができ、例えば、間取りを自由に決定することも可能です。
ただ、その分、家の建築費用はかなり高くなってしまいます。

一戸建ての取得費用を抑えるなら分譲住宅を購入するのも一つの手でしょう。

分譲住宅では、分譲される土地の上に先に住宅が建てられた上で、土地と家とがセットになって売り出されます。


先に家ができているため、契約段階で家の間取りを変えるというような大きな仕様変更はできません。ただ、その反面、家の建築費用がかなり抑えられるのが魅力です。

また、すでに家ができあがっているということで、購入前に事前によく確認できるというメリットもあります。


Copyright (C) 2016 分譲住宅で一戸建てを取得する All Rights Reserved.