子供が成長してきたら戸建てを購入するチャンスです


戸建は多くの方が一度は購入を夢見る住宅です。
購入するためには何千万円ものお金が必要になりますし、購入後の経年劣化による維持管理費用も全て自己負担しなければいけない為、購入をあきらめる方もお見えになることでしょう。
その為、賃貸アパートや賃貸マンション、持ち家としても分譲マンションを選ぶ方も多くお見えになるのです。


実際、子供が小さいうちは、マンションの方が防犯面では安心できます。
ですが、広さや近隣への気遣いといった点では戸建てに勝る住宅はありません。

戸建てには広さとゆとり、家族団らんくつろぐことができる空間を手に入れることができるという最大のメリットがあります。



その為、多くの方にとっての目標であり、夢とさえ表現する方もお見えになるのです。
そんな戸建にあこがれを持つ方たちもあきらめる必要はないのです。

購入を考えた時にはあきらめたかもしれませんが、その当時との状況を比較してみる価値はあります。
例えば、世帯主の年収です。

当時は低かったかもしれませんが、現在ではどうでしょう。

多少でも上がっているのであればチャンスはあります。



他には子供の年齢層です。



中学生にもなれば自分で戸締りをすることも、来客判断も出来る年頃です。

子供の成長とともに再度検討してみる価値はあります。

現在は住宅ローンも低金利な上、審査も以前に比べて通りやすい環境が多くなっています。


戸建に住みたいと考えている方は再度検討してみても良いでしょう。