一戸建ての種類にはどのようなものがある?


マイホーム購入を夢見る人に根強い人気があるのが一戸建て住宅です。

一戸建て住宅では、マンションと違って、自分の土地に家を建てることから、多少大きな物音を立てても、隣の人に迷惑がかかるようなことはありません。
自分たちの生活スタイルにあった、自由な暮らしをできる点が大きな魅力です。

この一戸建ては、大きくは、分譲住宅と注文住宅の2つに分けることができます。



分譲住宅とは、分譲する土地とその上の住宅がセットで販売されるものを言います。

土地の上に先に家が建てられた状態で販売されることから、建売住宅とも呼ばれます。

購入時に既に家が建てられていますので、家の間取りなどの大きな仕様を変更することはできません。その反面、建築費用がかなり抑えられるため、一戸建ての取得費用を抑えたい場合にはおすすめです。また、モデルルームとして使われていた住宅を購入する場合には、かなりの値引きを受けることも可能です。


これに対して、注文住宅では、間取りや家の外観、壁や屋根の仕様など、家に対する自分たちの希望を設計に反映させることができます。

自分たちだけのこだわりの家を建てたい方に特におすすめです。

その分、家の設計費用が膨らみ、また、あれこれと希望を反映させていると家のグレードも上がる傾向にありますので、全体的な取得費用は高くなりがちです。



ただ、生活スタイルにあった家にしたいなら、間取りなどを自由に決定できる注文住宅で一戸建てを建てるのが好ましいでしょう。




Copyright (C) 2016 一戸建ての種類にはどのようなものがある? All Rights Reserved.