一戸建てを建てるなら注文住宅


マイホームの購入希望される方の中で、一戸建ての人気はいまだに高いです。

都市部などではマンションの人気も高いのですが、マンションの場合は、大きな物音など隣人に迷惑をかけないように暮らす必要があり、普段の生活でいろいろ制約を受けます。

その点、自分の土地に家を建てる一戸建てなら、多少の物音を立てても隣に迷惑はかからないことが多いため、制約が少ない自由な暮らしが楽しめます。ところで、一戸建てには、大きく分けて分譲住宅と注文住宅とがあります。
分譲住宅とは、土地を分譲する際に、その土地の上に先に家を建ててしまい、土地と住宅を一緒に売り出すものです。

建売住宅とも呼ばれます。

この分譲住宅の一番のメリットは家の価格が抑えられること。

家の仕様についてあまりこだわりがない場合や予算があまりない場合には、分譲住宅は有力な選択肢となるでしょう。

ただ、せっかくの一戸建てなので、やはり自分たちの生活スタイルにあった好みの家を建てたいもの。



その場合には、分譲住宅ではなく、注文住宅で建てることになります。
注文住宅では、家の基本的な設計段階からこちらの希望が反映されます。



例えば、家の外観や間取りに関する希望を最初に伝えておけば、その希望に添った形で設計が進められていきます。



また、壁や屋根の仕様、各種設備の仕様や配置などについても、こちらの思い通りに決定することが可能です。
とはいえ、注文住宅であまりいろいろと注文を付けていると、知らず知らずのうちにかなりグレードの高い家になってしまい、予算オーバーする可能性があります。
自分たちの暮らしの上で最も重視すべき点はどれか、優先度を付けた上で希望を反映させるのが好ましいでしょう。


Copyright (C) 2016 一戸建てを建てるなら注文住宅 All Rights Reserved.