一戸建てについての基本知識


マイホームを購入する際の選択肢としては、マンションと一戸建てがあります。

マンションは、土地を購入する必要がなく、比較的少ない資金で手軽にマイホームを取得できる点が魅力です。


ただ、マンションによっては隣人や上下階の他の住人の物音が気になることもあり、逆に周囲に迷惑をかけないように注意する必要もあって、普段暮らす上での制約は大きいです。

この点、一戸建ての場合は、土地を購入する必要がある分、マイホーム取得費用はかさみますが、自分の土地に建てた家に住むため、マンションほど隣人を気にする必要はありません。



そのため、自宅で多少の物音を立てても周囲に迷惑がかかることは少なく、制約の少ない自由な暮らしを楽しめます。

この一戸建てですが、さらに、注文住宅と分譲住宅の2種類があります。

注文住宅では、家の形から間取り、設備の仕様などについて自分たちの希望を反映しながら決定することができます。
生活スタイルにあった好みの家を建てたいなら注文住宅がおすすめです。

ただし、あれこれと注文を付けることができる反面、注文住宅では設計に手間がかかり、家自体の費用もかさむことになります。一戸建てにしたいけれども費用は抑えたいという場合は、分譲住宅の購入も検討してみましょう。


分譲住宅では、分譲する土地に先に住宅が建てられ、土地と家とがセットで販売されます。



既にできあがった家を購入することになるため、間取り変更などはできませんが、建築費用がかなり抑えられる点が大きなメリットです。




Copyright (C) 2016 一戸建てについての基本知識 All Rights Reserved.