一戸建てを購入するという選択肢


マイホームの購入を考えている人の中には、分譲マンションを購入しようか、一戸建てにしようか、悩むことと思います。

それぞれに一長一短がありますので、ご自分、および、ご家族の生活スタイルや予算など、さまざまな面からじっくり検討することが大事です。

マンションの場合は、土地を購入する必要がありませんので、マイホーム取得費用は比較的低く抑えられます。
また、すでにできあがったマンションの一室を購入しますので、その仕様などについていちいち選んだり、決定したりという手間がなく、気軽に購入できるというメリットもあります。

一方で、マンションの場合は隣人との間で何かと気遣いも必要。例えば、自室で大きな物音を立てていては、隣の人から苦情を受けることもあります。

その点、一戸建て住宅の場合は、自分の土地に独立した家を建てるため、多少大きな物音を立てても隣人に迷惑をかけることはありません。



また、土地も含めて自分たちの所有物ですので、自由にアレンジすることが可能。



自分たちだけの家に住みたいという方には、一戸建て購入がおすすめです。

ただし、一戸建てには土地の購入費用が掛かる分、マンションと比べて多くの資金が必要となります。


一戸建てに住みたいけど、取得費用は抑えたいという方は、分譲住宅の購入を検討してみましょう。



分譲住宅では、土地の上に住宅が建てられた状態で、土地と家とがセットで販売されます。

すでに家が出来ているため、間取りなどを変更することはできませんが、その分、家の建築費用はかなり抑えられます。


Copyright (C) 2016 一戸建てを購入するという選択肢 All Rights Reserved.